OJT 研修実績

入社3ヵ月後には、
職長レベルの技術と
知識をものにする。

SUMPLUSでは、あらゆる現場の即戦力となる技術と知識を身につけるために、入社直後から集中して研修・講習を実施しています。
入社3ヵ月後には、職長として独り立ちできるほどの充実したカリキュラムの中で安全意識の高い、確かな技術を応用していける力を養成。
研修終了後から実際の現場を任せられ、様々な経験を積んでいきながら、クライアントから頼られる喜びややりがいを数多く感じてほしいと
考えています。

新入社員 成長の足跡

3ヵ月という期間に、何を学び、何を感じたのか?各月の終わりに新入社員の感想をインタビュー。
多様な仕事や講習を通じて、それぞれに少しずつ成長を感じる過程が見えました。

1ヶ月目の研修を終えて
篠崎
初めてのことがいっぱい。
会場施工に関わっている実感が嬉しい

初めての作業で覚えることはたくさんありますが、作業自体はとても興味深く、少しずつですが、図面を見て部材を配ったり、パネルを入れたりとイベント会場の施工にかかわれているという実感があります。PCシステムのやり方については、まだまだなれない部分はありますが、先輩社員に聞きながら少しずつ慣れていけるように頑張っています。

坂口
出社・退社がイベントに応じて変化
かえって自分の時間が持てた

決まった時間に出社・退社をするのではなく、イベントによって時間帯の変動があるので、出社が遅いときはゆっくりと休んだり、早く帰れるときには退社して自分の時間をしっかりと持てて楽しく仕事ができています。「分からなかったら聞いてきて」と言ってもらえるので質問もしやすいです。

2ヶ月目の研修を終えて
篠崎
声をかけ合う回数が増えてきた
事務所内のPC操作も慣れてきた

現場で、新人スタッフと一緒に作業を行いながらやり方を教えたり、スタッフに呼びかけを行う回数が増えました。事務所内での業務もシステムのPCシステムの使用方法が少しずつ分かってきました。テントの際に必要になるロープワークなど自宅でも復習しながら頑張っています。

坂口
周りを見ることを意識
アルバイトとも交流ができるように

4月は自分の作業でいっぱいいっぱいになってしまっていましたが、5月に入り、なるべく周りを見ることを意識して作業を行いました。休憩中などアルバイトスタッフともコミュニケーションを取れるようになってきました。PCシステムの作業に関しても、4月に比べると操作方法に慣れてきています。

3ヶ月目の研修を終えて
篠崎
「成長した」と実感できた3ヵ月間
今後ももっと現場経験を積みたい

最初は名前も分からなかった部材をくみ上げることが少しずつできるようになってきました。社内業務もシステムを理解でき、一人でシフトの作成ができるようになりました。初めての作業、初めての業界で技術もまだまだですが、まずは作業を確実に理解し組み立てることが今後の目標です。たくさんの現場を経験しながら、お客様の期待に応えられるような社員になりたいと思っています。

坂口
新人へ仕事を説明したり、
教える機会が多くなった

社内業務も最初のころに比べると、システムを覚え慣れ始めています。「なぜやらなければならないのか」という理由から教えてもらったので、より深く理解し実行できていると思います。3ヶ月の研修は大変でしたが、自分に足りなかった社員としての行動を考えることができました。お客様からもアルバイトスタッフからも「この人に聞けば大丈夫」と信頼されるような社員になりたいです。

インタビュー